メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

プロ野球開幕 心揺さぶる全力プレーを=細谷拓海(東京運動部)

 新型コロナウイルスの影響で延期となっていたプロ野球が19日、約3カ月遅れで開幕する。国内プロスポーツのトップを切って始まる公式戦は当面、史上初の無観客開催で、いつから観客を入れるかは未定だ。新型コロナへの懸念が続く現状に鑑みればやむを得ない。セ・パ交流戦もオールスターゲームも中止となり、延長戦が十回までとなったり、出場選手登録の枠が増えたりと異例ずくめのシーズンだが、こんな時こそ「野球の力」が問われると思う。

 開幕に向けた練習試合が無観客で再開された今月2日の横浜スタジアム。コンコースの売店は軒並みシャッターが下り、ひっそりとしていた。寂しさが募ったものの、約70日ぶりの試合に気持ちが高揚したのも確かだ。

この記事は有料記事です。

残り1982文字(全文2289文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. J1川崎7連勝 果敢に攻める小林、高打点ヘディングシュート決める「もっと点を」

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです