法案55本成立 2度の補正予算編成影響、成立率微減93.2% 通常国会閉会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院本会議で賛成多数で可決、成立した2020年度第2次補正予算=国会内で2020年6月12日午後2時17分、竹内幹撮影
参院本会議で賛成多数で可決、成立した2020年度第2次補正予算=国会内で2020年6月12日午後2時17分、竹内幹撮影

 17日に閉会した第201通常国会は、政府が国会に提出した59本の法案のうち55本が成立した。成立率は93・2%で、昨年の通常国会(94・7%)をわずかに下回った。政府は東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)を見据えて提出法案を絞り込んだが、新型コロナウイルス感染症対策で2度の補正予算編成を迫られたことなどで、法案審議の時間が十分とれなかったことが影響した。

 新型コロナ対応に追われた今国会では、議員の感染を防止するため緊急事態宣言中の委員会開催を減らすなど、異例の措置が取られた。この影響で、ブランド農作物の海外流出防止を掲げた種苗法改正案や、来年に延期された東京オリンピックの開閉会式前後に祝日を移動させる五輪特別措置法改正案は継続審議となった。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文576文字)

あわせて読みたい

注目の特集