メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンビニご飯にシロエビ、ホタルイカ… セブンが食材活用 北陸などで販売

富山湾産ホタルイカを使用したパスタ(左)とシロエビの天ぷらを使用したおにぎり=富山市新総曲輪の県庁で2020年6月17日午後0時2分、高良駿輔撮影

 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛などの影響で需要が減った富山県産の食材を活用して地域に貢献しようと、コンビニ大手セブン―イレブン・ジャパンはシロエビとホタルイカを使ったおにぎりやパスタの新商品を開発した。23日以降、北陸3県と新潟県の店舗で販売する。

 シロエビやホタルイカは今春以降、外出自粛の影響で高級飲食店を中心に需要が減り、価格が大幅に下落。大型連休中にシロエビ漁を一時休漁したほどだ。17日に富山県庁を表敬…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです