特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

5月訪日客が前年同月比99.9%減 4月の2900人を下回る1700人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
観光庁が入る中央合同庁舎第2号館=米田堅持撮影
観光庁が入る中央合同庁舎第2号館=米田堅持撮影

 観光庁が17日発表した5月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、前年同月比99・9%減の1700人だった。4月の2900人を下回り、1964年以降で過去最少となった。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言は解除されたものの、世界各国からの入国制限は続き、訪日客の回復は当面見込めない状況。観光業界では、国内客をターゲットにした動きが目立ってきている。

 5月の訪日客の国別の内訳は、最も多い米国が50人、次いで中国とインドが各30人で、韓国とフランスがそれぞれ20人。それ以外の国・地域は軒並み10人未満だった。9割超の減少は3カ月連続で、1~5月の累計でも前年同期比71・3%減の394万人にとどまる。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文1021文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集