メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給付金10万円使途、13%が「投資」 株価回復に一役? 暴落後ネット口座開設急増

東京証券取引所=和田大典撮影

 国民1人当たり一律10万円が配られる「特別定額給付金」の使い道について、家計簿アプリ「マネーフォワード」が利用者にアンケートしたところ、13%が「投資資金」と回答した。コロナショックで暴落した日経平均株価は5月下旬から急ピッチで値上がりしたが、総額12・7兆円の給付金の一部が株式市場に流れ込んでいる可能性もある。

 同社の家計簿アプリの利用者(約1000万人)のうち7827人から協力を得て5月中旬にアンケートを実施。回答者の約6割は30~40代だった。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. ORICON NEWS 石橋貴明、帝京高校9年ぶり優勝を祝福「みんなの心には永遠に負けない魂がある!」

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです