メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏元側近の暴露本の出版差し止め求め提訴 米司法省「機密情報含む」

ジョン・ボルトン前大統領補佐官=高本耕太撮影

 米司法省は16日、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が近く出版予定のトランプ政権の内情を暴露する著書について「公表されれば安全保障を脅かす機密情報が含まれている」として出版差し止めを求め、ワシントン連邦地裁に提訴した。ボルトン氏側は「トランプ大統領にとり恥ずかしい内容であるが、安全保障への脅威ではない」と主張している。

 ボルトン氏は昨年9月に解任されるまで約1年半、トランプ氏の下で補佐官を務めた。出版社によると、6月23日発売予定の回顧録は、トランプ氏の職権乱用などの違反行為が、議会による弾劾の根拠となったウクライナ疑惑にとどまらず「外交政策全般に及んでいた」と主張。「再選に向けた打算に基づかない政策決定を見つけることは難しい」として、行動の大半が選挙を意識したものと指摘する内容だ。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ、国内の死者5000人に 14日間で1000人増

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです