メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「経済優先」ブラジル 感染者・死者世界2位に コロナ軽視の大統領、拡大に拍車

 中南米のブラジルで、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化している。貧困地区を中心に急速に広がり、感染者数と死者は米国に次いで、それぞれ世界2番目の多さとなった。しかし、新型ウイルスを「ちょっとした風邪」と軽視する元軍人で極右のボルソナロ大統領は「経済優先」の姿勢を崩さない。さらなる感染拡大も懸念される中、社会・経済活動を再開する動きが加速している。【サンパウロ山本太一】

 「新型ウイルスが危険なのは十分わかっている。それでも、仕事を続けないと生きてはいけない」。最大都市サンパウロ市の貧困層地区ブラジランジアの通りで11日、キャッサバ芋を小さなテーブルで売っていたカルリト・バチスタさん(30)は、苦しい胸の内を打ち明けた。

この記事は有料記事です。

残り2529文字(全文2843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. 全国で新たに622人確認 3カ月ぶり600人超え 緊急事態解除後、最多

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです