メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「経済優先」ブラジル 感染者・死者世界2位に コロナ軽視の大統領、拡大に拍車

 中南米のブラジルで、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化している。貧困地区を中心に急速に広がり、感染者数と死者は米国に次いで、それぞれ世界2番目の多さとなった。しかし、新型ウイルスを「ちょっとした風邪」と軽視する元軍人で極右のボルソナロ大統領は「経済優先」の姿勢を崩さない。さらなる感染拡大も懸念される中、社会・経済活動を再開する動きが加速している。【サンパウロ山本太一】

この記事は有料記事です。

残り2656文字(全文2843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです