リニア問題トップ会談へ 静岡知事「命の水譲らぬ」 準備工事再開に流域首長「待った」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大井川流域の10市町の首長、幹部とウェブ会議で意見交換する川勝平太知事=静岡県庁で2020年6月16日、山田英之撮影
大井川流域の10市町の首長、幹部とウェブ会議で意見交換する川勝平太知事=静岡県庁で2020年6月16日、山田英之撮影

 未着工のリニア中央新幹線静岡工区を巡り、JR東海の金子慎社長との初のトップ会談に応じる考えを明らかにした静岡県の川勝平太知事は16日、大井川流域の10市町の首長や幹部と意見交換後、「命の水は譲ってはならない。リニアの工事で失われないように伝える」と語った。JR東海の求める準備工事の再開については「国土交通省の有識者会議の結論を待つべきだ」という首長の声が大勢を占めた。【山田英之】

 川勝知事はこの日、南アルプストンネルの工事による大井川の流量の減少や地下水への影響を懸念する流域10市町の首長や幹部とウェブ会議方式で意見交換をした。

この記事は有料記事です。

残り1013文字(全文1281文字)

あわせて読みたい

注目の特集