メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肥料をフリマアプリで無届け販売した疑い 会社員ら書類送検 個人の摘発は初か

警視庁が押収した肥料=東京都千代田区丸の内3の丸の内警察署で2020年6月17日午前10時33分、安達恒太郎撮影

 県知事に届け出ずにインターネットで肥料を販売したなどとして、警視庁生活環境課は17日、群馬や千葉、福岡など6県の37~54歳の会社員ら7人を肥料取締法違反(無届け販売など)容疑で書類送検した。全員が「罪になると思わなかった」と供述しているという。同課は、家庭菜園が広く普及する一方で、肥料の無届け販売がネット上で横行しているとみている。

 同法は健康被害の防止などを目的に、肥料を生産・販売する際は都道府県知事への届け出を義務付けている。警視庁によると、ネットを通じた個人の肥料販売を同法違反で摘発するのは全国で初めてとみられる。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです