メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やっぱり大学入試は予定通り 振り回される受験生「ただ、ただ、不安です」

試験の開始を待つ受験生ら=2020年2月25日、榊原愛実撮影

 新型コロナウイルスの影響で決定が遅れていた大学入試の日程がようやく決まった。17日に文部科学省が示した案に、高校や大学関係者が合意した。今年度から大学入試センター試験に代わって導入される大学入学共通テストを巡って昨年末までに英語民間試験が見送られるなど受験生は振り回されてきた。足元が定まらない状況に不安を募らせている。

 「ただ、ただ、不安です」。私立大への進学を目指している岩手県の高校3年の女子生徒は今の心境を率直に打ち明ける。共通テストは昨年急きょ、英語民間試験の導入が見送りになり、「勉強方法が曖昧になってしまった」と嘆く。焦りは募る一方だ。「周囲からは『勉強しなさい』と言われる。どういう対策を取って何を勉強すべきなのか分からないが、今は精いっぱい勉強するしかない」

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1104文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  2. 1週間の感染者1000人超の愛知、帰省の再検討求める 岐阜知事は「バーベキューに注意」

  3. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  4. 「うがい薬、瞬く間に消えた」歯科医ら吉村知事に憤り 研究内容、発表法にも批判

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです