メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界最高峰スーパーラグビー、NZ国内大会で再開 ファン熱狂 7月には豪州でも

14日にNZオークランドで行われたブルース-ハリケーンズ戦=AP

 世界に先駆け、ラグビー王国ニュージーランドに「日常」が戻った。新型コロナウイルスの感染拡大で中断した世界最高峰リーグ、スーパーラグビー(SR)の同国勢による国内大会が13日に開幕。待望の実戦は観客を入れての実施でチケットが完売した試合もあり、昨年のワールドカップ(W杯)日本大会で活躍したFBのB・バレット(ブルース)らが激しいプレーを披露した。

 開幕戦のハイランダーズ―チーフスは劇的な展開となった。ハイランダーズは2点を追う後半39分にDGを決め28―27でチーフスに勝利。W杯でウェールズ代表を率いたガットランド監督の息子で途中出場のブリンが成功させた。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  2. 少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです