メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「プロも会社員」新モデル アイスホッケー・横浜グリッツ

プロ選手として活動しながら社員として業務に励む角舘信恒選手(右)=横浜グリッツ提供

 アイスホッケーのアジア・リーグに今季から参戦する横浜初のプロチーム「横浜グリッツ」は、国内では珍しい働き方を実践している。全選手がチームとプロ契約した上で、協力企業で働く「デュアルキャリア」の推進だ。引退後の生活も見据えつつ競技にチャレンジする取り組みは、プロ選手の新たなモデルとして定着するか。【倉沢仁志】

 「氷上の格闘技」と呼ばれるアイスホッケーは、北米で盛んに行われている。競技人口は米国が約56万人、カナダでは約62万人もいるが、国内での普及は進んでいない。日本アイスホッケー連盟によると、2019年度の登録者数は1万8641人。国際アイスホッケー連盟が公表した世界の競技人口(約177万人)の1%程度にすぎない。

 「人気のある野球やサッカーに比べ、収入はどうしても低くなります。プロ選手と言いながら、年俸300万円台の選手が多いです」。北海道出身で大学まで競技経験のある横浜グリッツの臼井亮人代表(40)は、こう切り出した。

この記事は有料記事です。

残り1723文字(全文2141文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです