メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

俳優・古舘寛治さんの「心の声」 政治的発言、叫びたい! 黙れば表現の自由守れない

古舘寛治さん=所属事務所提供、江森康之さん撮影

 検察庁法改正案に反対するツイッター上のデモをきっかけに、著名人の「政治的発言」が注目を集めた。数々の映画やドラマに出演している俳優の古舘寛治さん(52)もその一人だ。しかも古舘さんの場合、発言は「心の声」として「だだ漏れ」状態。芸能界での政治的発言がタブー視される風潮を、古舘さんの「心の声」と共に考えたくなった。

 「心の声が漏れてるっていう設定でしゃべらせてもらうと……。ややこしくてすみません」。5月中旬、同改正案への抗議をテーマにしたネット番組の冒頭、古舘さんが頭をかきながら、ばつの悪そうな顔で話すと、他の出演者たちからは笑いが漏れた。真面目な話をしてもどこか滑稽(こっけい)、絶妙なおかしみを感じさせるのが古舘さんだ。

 最近、滝藤賢一さんとダブル主演した深夜ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」では堅物な無職男性をコミカルに演じ、役にはまっていた。「いだてん」「逃げるは恥だが役に立つ」「リーガルハイ」といった人気作をバイプレーヤーとして支えた。静岡では、長年起用されている地元CMにちなんで「コンコルゲンのおっさん」として有名だ。

 そんな売れっ子俳優は…

この記事は有料記事です。

残り2562文字(全文3042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです