メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

政治改革とは何だったのか

 「政治改革」が叫ばれた時代があった。1980年代末から21世紀初めにかけては、この言葉を目にし、耳にしない日はなかったといっても過言でない。待鳥聡史・京都大教授(比較政治論)の著書『政治改革再考』(新潮選書)は巻末に85~2014年の年表を付している。ちょうど85年に就職した記者にはすべて見慣れた出来事で、それが「歴史」として検証されていることに感慨も湧く。

 この本で待鳥さんが的確に押さえているように、今や政治改革に対する評判は決して芳しくない。結果として改革後、「失われた20年、30年」と呼ばれる日本の低迷期が到来したためばかりではない。

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです