メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

政治改革とは何だったのか

 「政治改革」が叫ばれた時代があった。1980年代末から21世紀初めにかけては、この言葉を目にし、耳にしない日はなかったといっても過言でない。待鳥聡史・京都大教授(比較政治論)の著書『政治改革再考』(新潮選書)は巻末に85~2014年の年表を付している。ちょうど85年に就職した記者にはすべて見慣れた出来事で、それが「歴史」として検証されていることに感慨も湧く。

 この本で待鳥さんが的確に押さえているように、今や政治改革に対する評判は決して芳しくない。結果として改革後、「失われた20年、30年」と呼ばれる日本の低迷期が到来したためばかりではない。

この記事は有料記事です。

残り1224文字(全文1498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです