メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月全線再開目指す 阿武隈急行、今月中仮復旧 /宮城

[PR]

 昨年10月の台風19号で被災した阿武隈急行(福島県伊達市)が今月中に仮復旧し、10月にも全線の運行再開を目指していることが17日、同社への取材で分かった。不通が続いている富野(同市)―丸森(丸森町)間で乗客を乗せない回送列車の運行を始め、丸森―槻木(柴田町)間で見合せていた昼時間帯の運行が可能となる。

 これまで丸森―槻木間は県境の不通で車両点検や乗員交代が難しく、朝夕のみの21本に限定していたが、仮復旧後は2倍の42本となる見通し。一方、台風19号の復旧工事や新型コロナウイルスの影響で2019年度の決算は約10億4000万円の純損失となり、過去最悪の赤字だった。

 17日の取締役会で新社長に就任した菅原久吉社長は「まず優先すべきは、災害復旧。国や県が進める工事の進捗(しんちょく)も見ながら、10月をめどに早期の運転再開を目指す」と述べた。

 阿武隈急行は福島(福島市)―槻木間の54・9キロを結ぶ。台風19号では県境の区間の被害が大きく、ホームや線路に土砂が流れ込むなどした。【神内亜実】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです