メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿武隈急行全線、10月運行再開へ 台風19号被害 /福島

[PR]

 昨年10月の台風19号で被災した阿武隈急行(伊達市)が今月中に仮復旧し、10月にも全線の運行再開を目指していることが17日、同社への取材で分かった。不通が続いている富野(同市)―丸森(宮城県丸森町)間で乗客を乗せない回送列車の運行を始め、丸森―槻木(同県柴田町)間で見合わせていた昼時間帯の運行が可能となる。

 これまで丸森―槻木間は県境の不通で車両点検や乗員交代が難しく、朝夕のみの21本に限定していたが、仮復旧後は2倍の42本となる見通し。一方、台風19号の復旧工事や新型コロナウイルスの影響で2019年度の決算は約10億4000万円の純損失となり、過去最悪の赤字だった。

 17日の取締役会で新社長に就任した菅原久吉社長は「まず優先すべきは、災害復旧。国や県が進める工事の進捗(しんちょく)も見ながら、10月をめどに早期の運転再開を目指す」と述べた。

 阿武隈急行は福島(福島市)―槻木間の54・9キロを結ぶ。台風19号では県境の区間の被害が大きく、ホームや線路に土砂が流れ込むなどした。【神内亜実】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  5. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです