メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 非正規高齢者の相談増加 労組や支援団体、国に要望 解雇規制、生活保護制度の改善を /東京

「何でも相談」によせられた相談内容の分析を紹介する小久保哲郎弁護士(左から2人目)ら実行委員会のメンバー=2020年6月17日午前11時、千代田区の厚生労働省で、東海林智写す

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で労働問題や生活不安が深刻化していることを受け、労働組合や支援団体からなる「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会実行委員会」が17日、厚生労働省など関係省庁に対し生活困窮への対策を求める要望書を提出した。実行委が行った電話相談の内容を受けての要請で、継続的な現金給付や解雇規制、生活保護制度の改善などを求めている。

 実行委は今月6日、4月に続き2度目の電話相談会を全国規模で実施。1217件の相談があり、うち生活費の相談が552件、解雇・雇い止めなど労働問題が346件。就労形態別ではパートなど非正規労働者からの相談が315件、正社員123件、無職233件など。月収10万円以下と答えた相談は189件に上り、所持金ゼロは22件だった。

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

  5. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです