メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

新型コロナ 市民の送料無料に 果物購買増で農家支援 橋本市 /和歌山

[PR]

 橋本市は17日、市内で栽培が盛んな柿やブドウなどの生産農家を支援しようと、市民が果物を市外へ送る際の送料について、市が負担して無料にすると発表した。負担軽減で市民が贈答用などに果物を買ってくれることを期待しているという。

 橋本市によると、新型コロナウイルスの影響で、果物の消費が伸びないことが予想されるため、市民の購買意欲を刺激しようと企画した。市内の登録店舗から市外へ果物を送る場合の送料が対象になる。

 無料化の期間は12月末までを予定。市農林振興課の担当者は「新型コロナの影響で市内に人を呼び込めないので、市民の協力で市の果物を市外にPRしたい」と話している。

 19日に開かれる市議会定例会本会議に関係予算2500万円を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出する。【藤原弘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道の町役場でクラスター 来庁者立ち入り禁止、半数欠勤 正常化へ2週間

  2. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  5. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです