メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幾何学模様に潜む感性 石見美術館で所蔵品展 益田出身・野村康生さんら、独自のアート19点 /島根

幾何学模様のテキスタイルデザイン画=島根県益田市有明町で、竹内之浩撮影

 益田市有明町の県立石見美術館(グラントワ内)で、円や三角形、四角形を規則的に組み合わせた幾何学的な形を生かした抽象画や彫刻19点を紹介する所蔵作品展「キカガク×アート」が開かれている。7月13日まで。

 益田市出身の美術家・野村康生さんの「Noctis Labyrinthus(夜の迷宮)」は、米航空宇宙局(NASA)のデータを基に火星のある区画の地形…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです