メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

コロナ対策の家賃支援って? 一定の売上高減が条件 持続化給付金に追加=回答・村尾哲

仕切り板を挟んで向かい合い、飲食を楽しむ利用客=東京都新宿区で2020年5月30日午後6時2分、喜屋武真之介撮影

 なるほドリ 新型コロナウイルス感染症(かんせんしょう)拡大を受けた経済対策で、家賃負担を軽くする支援策ができたの?

 記者 緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)の解除を受け、経済活動は徐々に再開してきましたが、売り上げの急回復が見込みづらい中、毎月一定額を出費する固定費(こていひ)のうち大きな割合を占める家賃や地代(じだい)の負担が重く困っている事業者は多いです。政府は2020年度2次補正予算(ほせいよさん)に家賃支援給付金(やちんしえんきゅうふきん)として約2兆円を計上しました。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです