「10万円」13%が投資 特別給付金使い道、「教養・教育」上回る 家計簿アプリ利用者アンケート

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国民1人当たり一律10万円が配られる「特別定額給付金」の使い道について、家計簿アプリ「マネーフォワード」が利用者にアンケートしたところ、13%が「投資資金」と回答した。コロナショックで暴落した日経平均株価は5月下旬から急ピッチで値上がりしたが、総額12・7兆円の給付金の一部が株式市場に流れ込んでいる可能性もある。

 同社の家計簿アプリの利用者(約1000万人)のうち7827人から協力を得て5月中旬にアンケートを実施。回答者の約6割は30~40代だった。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文941文字)

あわせて読みたい

注目の特集