メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「10万円」13%が投資 特別給付金使い道、「教養・教育」上回る 家計簿アプリ利用者アンケート

 国民1人当たり一律10万円が配られる「特別定額給付金」の使い道について、家計簿アプリ「マネーフォワード」が利用者にアンケートしたところ、13%が「投資資金」と回答した。コロナショックで暴落した日経平均株価は5月下旬から急ピッチで値上がりしたが、総額12・7兆円の給付金の一部が株式市場に流れ込んでいる可能性もある。

 同社の家計簿アプリの利用者(約1000万人)のうち7827人から協力を得て5月中旬にアンケートを実施。回答者の約6割は30~40代だった。

この記事は有料記事です。

残り713文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです