特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

匿名の刃

SNS暴力を考える 裁判なき発信者開示を検討 総務省有識者会議・曽我部真裕座長

京大の曽我部真裕教授=東京都千代田区で2019年8月8日、小川昌宏撮影
京大の曽我部真裕教授=東京都千代田区で2019年8月8日、小川昌宏撮影

 会員制交流サイト(SNS)上の中傷を巡り、表現の自由を守りながら被害者救済をどう図るべきなのか。憲法学者で、総務省の有識者会議「発信者情報開示の在り方に関する研究会」の座長やSNS事業者でつくる一般社団法人「ソーシャルメディア利用環境整備機構」の共同代表理事も務める曽我部真裕・京都大教授に聞いた。【塩田彩】

この記事は有料記事です。

残り2532文字(全文2687文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集