メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

コロナを越えて/3 伴走は「密」新たな壁 パラ競技、練習場所閉鎖も

伴走者をつけた屋外でのトレーニングが制限されるため室内で走り込む唐沢剣也=前橋市で2020年6月11日午前9時24分、星野和昭さん撮影

 シューズを通じて伝わる陸上トラックの感触に、胸の高鳴りが収まらなかった。6月上旬、前橋市の王山運動場での約1カ月半ぶりとなる疾走。東京パラリンピックの陸上(視覚障害)代表に内定している唐沢剣也(25)=群馬県社会福祉事業団=は「気持ちよく走れた。戻ってきたなという思い」と話し、汗をぬぐった。だが、障害者アスリートの練習が軌道に乗るためには、数々の障壁が残る。

 中でも視覚障害を持つ選手たちには影響が大きい。その理由は、伴走者の存在にある。互いにロープを握る選手と伴走者の距離は約50センチと近く、選手への指示も声が頼りになるためマスク着用が難しい。加えて、唐沢を支える約10人の伴走者はすべてボランティア。医療従事者や営業職など不特定多数と接触する職業の人も多く、星野和昭コーチ(38)は「伴走は濃厚接触にならざるを得ない。万が一、選手が肺炎になれば心肺機能…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです