メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

コロナを越えて/3 伴走は「密」新たな壁 パラ競技、練習場所閉鎖も

伴走者をつけた屋外でのトレーニングが制限されるため室内で走り込む唐沢剣也=前橋市で2020年6月11日午前9時24分、星野和昭さん撮影

 シューズを通じて伝わる陸上トラックの感触に、胸の高鳴りが収まらなかった。6月上旬、前橋市の王山運動場での約1カ月半ぶりとなる疾走。東京パラリンピックの陸上(視覚障害)代表に内定している唐沢剣也(25)=群馬県社会福祉事業団=は「気持ちよく走れた。戻ってきたなという思い」と話し、汗をぬぐった。だが、障害者アスリートの練習が軌道に乗るためには、数々の障壁が残る。

 中でも視覚障害を持つ選手たちには影響が大きい。その理由は、伴走者の存在にある。互いにロープを握る選手と伴走者の距離は約50センチと近く、選手への指示も声が頼りになるためマスク着用が難しい。加えて、唐沢を支える約10人の伴走者はすべてボランティア。医療従事者や営業職など不特定多数と接触する職業の人も多く、星野和昭コーチ(38)は「伴走は濃厚接触にならざるを得ない。万が一、選手が肺炎になれば心肺機能…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1390文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです