メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・社会保障

新型コロナ 障害者施設の課題/上 「密接」不可避、感染が拡大

北総育成園でPCR検査の検体を採取する千葉県職員。感染の疑いがある施設職員の家族らには、自家用車を乗り付けてもらう「ドライブスルー形式」で行った=千葉県東庄町の北総育成園で2020年4月17日午後0時1分、黒田阿紗子撮影

 全国各地で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)の発生が相次ぐ中、知的障害者の入所施設でも感染が広がり、関係者の苦悩が続いた。入所者や職員など121人が感染した千葉県東庄町の障害者支援施設「北総育成園」などが直面した課題や今後の備えを探った。

 北総育成園の副園長、白樫久子さん(55)が異変に気づいたのは3月27日の朝だった。起床時に普段と様子が違う入所者を職員が検温したところ、6人が発熱していた。昼までに発熱者は十数人に膨れ、嘱託医に往診を依頼。インフルエンザを疑い検査をしたが、全員が陰性だった。

 その直後、数日前から体調不良で休んでいた調理担当職員から電話が入った。

この記事は有料記事です。

残り1175文字(全文1466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです