メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅客機でCO2変動観測 世界34都市上空

 航空機に載せた装置で離陸・着陸時に二酸化炭素(CO2)濃度を測定することで、空港がある大都市付近からの排出の傾向を捉えられるとの分析結果を、国立環境研究所などの研究チームが英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表した。大都市からのCO2排出の監視に役立つ方法として期待できるという。

 チームは2005~16年、日本航空の旅客機を利用し、東京(成田、羽田)など世界の34都市、36空港…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです