メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風18号 水害、京都地裁が市に賠償命令 「浸水危険 説明不足」 福知山

 2013年9月の台風18号で浸水被害を受けた京都府福知山市の住民7人が、十分な説明をしないまま造成した宅地を販売したとして、市に総額約6200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は17日、主張を一部認め、市から直接宅地を購入した3人に計約810万円を支払うよう命じた。井上一成裁判長は、市が過去の浸水被害の状況などについて住民に説明すべき義務を怠ったと指摘した。市は控訴を検討している。

 判決によると7人は09~13年、市が造成した同市石原(いさ)、戸田両地区の宅地を市や仲介業者から購入して自宅を建設。台風18号により付近の由良川や支流があふれたため、それぞれ床上10~130センチの浸水被害を受けた。

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです