メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福知山13年台風 浸水リスク、市に説明義務 住民一部勝訴 京都地裁判決

2013年9月の台風18号で水没した京都府福知山市石原地区の造成地=同地区で2013年9月16日、読者提供

 2013年9月の台風18号で浸水被害を受けた京都府福知山市の住民7人が、十分な説明をしないまま造成した宅地を販売したとして、市に総額約6200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は17日、主張を一部認め、市から直接宅地を購入した3人に計約810万円を支払うよう命じた。井上一成裁判長は、市が過去の浸水被害の状況などについて住民に説明すべき義務を怠ったと指摘した。市は控訴を検討している。

 判決によると7人は09~13年、市が造成した同市石原(いさ)、戸田両地区の宅地を市や仲介業者から購入して自宅を建設。台風18号により付近の由良川や支流があふれたため、それぞれ床上10~130センチの浸水被害を受けた。

この記事は有料記事です。

残り1255文字(全文1562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです