メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港関連法案、審議入り 「国家安全法制」全人代常務委 「7月中旬にも施行」報道

=ゲッティ

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会が18日、北京で始まり、香港への統制を強化する「国家安全法制」の関連法案が審議入りした。国営新華社通信が伝えた。20日までの会期中に可決されるかは不明だが、複数の香港メディアは、9月に実施される香港立法会(議会)選挙の立候補届け出が始まる7月18日までに施行されるとの見方を報じている。

 関連法の名称は「香港国家安全維持法」。国家安全法制の新設は5月の全人代で正式決定し、全人代常務委が香港で実際に運用する関連法案を審議、可決することになっていた。

 関連法が成立すれば、香港に適用する中国の法律を定めている「香港基本法付属文書3」に追加される。これを受けて香港政府が公布し、即日施行となる。香港立法会の関与を排除した異例の立法手続きだ。

 18日に公表された全人代常務委の議案には、成立した関連法を付属文書3に追加する手続きは含まれておらず、次回以降の会議に持ち越された可能性がある。だが、香港メディアは全人代…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン接種「成否は支持率に直結」 マイナンバー活用の新システム、突貫工事に懸念

  2. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 首相、コロナ医療体制の不備を陳謝 予算組み替えには応じず

  5. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです