メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藍を使った医療用マスク発売 高い抗菌作用 青森

「あおもり藍」を活用したサージカルマスク=青森市の県庁で2020年6月12日午前11時22分、井川加菜美撮影

 抗菌作用がある県産の「あおもり藍」を活用したサージカルマスクの販売を青森市の企業「あおもり藍産業」が始めた。当初は一般向けを予定していたが、専門機関による試験で医療用マスクとして高い性能が認められたため、当面は業務用に限定して販売する。

 あおもり藍は県内で農薬を使わずに栽培された藍。抗菌・抗炎症作用があるとされ、消臭スプレーや石けんなどに活用されている。今年1月には弘前大や東北医科薬科大(仙…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 柔道のGS東京大会開催断念へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです