中央線特急列車25本運休 パンタグラフ損傷相次ぐ JR八王子支社

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR東日本の本社=東京都渋谷区で、嶋野雅明撮影
JR東日本の本社=東京都渋谷区で、嶋野雅明撮影

 JR東日本八王子支社は18日、中央線の特急列車でパンタグラフの損傷が相次いで見つかり、上下25本を運休すると発表した。損傷が見つかったのは計14編成でいずれも2017年に運行を始めたE353系。

 同支社によると、松本車両センター(長野県松本市)で17日午後10時以降、車両点検した際に3編成で損傷が…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文268文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集