下痢や便秘、吐き気…糖尿病薬ダイエットに警鐘 日本医師会「副作用の恐れ」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本医師会事務局のある日本医師会館=本橋和夫撮影
日本医師会事務局のある日本医師会館=本橋和夫撮影

 日本医師会(日医)の今村聡副会長は17日の記者会見で、医療機関が糖尿病治療薬をやせ薬として使う「GLP1ダイエット」と呼ばれる減量方法に関し、下痢などの副作用が出る恐れがあるとして、安易に利用しないよう注意を呼び掛けた。「やせるホルモン」などとの宣伝で自由診療が広がっており、今村氏は「医薬品の適正使用の観点から禁止すべきだ」と訴えた…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

あわせて読みたい

注目の特集