メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男性が拳銃自殺か 右こめかみ部分に傷 福岡・広川町

福岡県警本部=森園道子撮影

 18日午前5時5分ごろ、福岡県広川町水原の路上で、頭から血を流して倒れている同町の保険業の男性(46)を県警八女署の警察官が発見した。男性は右手に拳銃のようなものを握っており、右のこめかみ部分には撃たれたような傷があった。男性はその場で死亡が確認された。同署は拳銃で自殺を図った可能性もあるとみて、拳銃のようなものの入手経路も捜査する。

 八女署によると、18日午前1時ごろ、死亡した男性と電話したばかりという知人から「電話の内容がおかしかった。『お世話になった』と言っていた」と通報があった。署員らが男性の行方を捜索したところ、男性の自宅から4キロほど離れた山間部の町道で男性の車が見つかり、近くの路上で男性も見つかった。これまで遺書は見つかっていない。【浅野孝仁】

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです