メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「触って伝える」盲ろう者支援苦慮 通訳・介助員、念入り感染予防 重要な情報源「密避けられない」

左右の指に点字を打つ方法でコミュニケーションを取る「指点字」。意思疎通を図る際、接触を完全に避けるのが難しい盲ろう者は少なくない=2018年

 新型コロナウイルスの感染拡大で、他人と一定の距離を保つ「ソーシャルディスタンス」が求められるなか、顔と顔を近づけ、自分の手と相手の手を触れ合わすことでコミュニケーションを取っている人たちがいる。視覚と聴覚の両方に障害のある盲ろう者だ。彼らの言葉を伝え、生活を手助けする通訳・介助員たちは、どのような感染予防策を取りながらサポートをしているのか。

 2012年度に全国盲ろう者協会が行った調査によると、全国で暮らす盲ろう者は推計約1万4000人。「見えにくい聞こえにくい」から、「全く見えない聞こえない」まで、抱えるハンディキャップの程度は人によって異なる。

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです