メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

金与正氏、北朝鮮ナンバー2 姫から破局の先導者へ 「白頭の血統」不気味な存在感

兄の金正恩氏(中央)と一緒に革命の聖地・白頭山を白馬で駆け抜ける金与正氏(左)。兄妹とも幼少時から乗馬をしていた=2019年10月16日の朝鮮中央テレビから

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キムヨジョン)党第1副部長のパワーがすさまじい。「白頭(ペクトゥ)の血統」でつながる彼女は陰に陽に兄を支えてきたが、ここにきて韓国との融和の象徴だった開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所の破壊を指示するなど不気味なほどに存在感を強めているのだ。だが、そこには伏線があった。知られざる与正氏の素顔に迫る――。

 幼いころはふっくらし、どこか祖父、金日成(キムイルソン)主席の面影がある与正氏、そんな彼女を唯一、外部世界で知るのは父、金正日(キムジョンイル)総書記の料理人だった藤本健二氏だ。私は与正氏について彼から何度も聞いたことがある。1987年9月の生まれと言っていた。「ものすごく闊達(かったつ)で、明るく、いわゆるおきゃん娘ですよ。ヨジョン姫を見ていると、つい心がうきうきしてくるんです。私のつくる特製…

この記事は有料記事です。

残り2617文字(全文3003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 重症者最多934人

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  4. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  5. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです