メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「避難指示発令、日中に」 県が地域防災計画修正 台風19号受け /岩手

台風19号で招集された県風水害対策支援チーム=岩手県提供

 2019年の台風19号を受け、県は地域防災計画を修正した。市町村が日中に避難指示を発令し、明るいうちに住民の避難完了に努めるよう求めた。夜間の移動には危険が伴うためで、防災計画上に日中避難を明記することで被害を最小限に食い止めることを目指す。【安藤いく子】

 災害発生時、市町村長は災害対策基本法に基づき、住民に避難行動を取るよう求めている。緊急性に応じて3段階に分け、「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示」を出す。

 県は、16年に県内などで関連死を含めて30人が犠牲になった台風10号災害を受け、17年に「風水害対策支援チーム」を結成した。県や盛岡地方気象台、国土交通省の職員や防災専門家らで構成し、市町村に避難について助言する役割を担ってきた。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです