メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動物切断死骸相次ぐ 2013年から猫30匹以上 愛護法違反の疑い /滋賀

人為的に切断されたとみられる動物の死骸が見つかった事案

 動物虐待への社会的な関心が高まる中、県内では人為的に切断されたとみられる猫やウサギなどの死骸が見つかる事案が多発している。2013年から少なくとも30匹以上の猫が犠牲になっており、20年は4月までに、彦根市を中心に7件発生した。県警は動物愛護法違反の疑いで捜査するとともに、警戒を強めている。【菅健吾】

 今年2月、彦根市芹川町の側溝で、下半身のない猫の死骸が発見されたことを皮切りに、4月までに同市や甲良町、東近江市で、切断された猫のしっぽや、ウサギの頭部などが相次いで見つかった。県警は、現場付近に大きな血痕がないことから、別の場所で切断されて捨てられた可能性があるとみている。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです