メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「馬三家」の真実描く実録映画 あすから、大阪・西区で公開 /大阪

ドキュメンタリー映画「馬三家からの手紙」のレオン・リー監督=大阪市西区で、安田美香撮影

 カナダを拠点に活動するレオン・リー監督のドキュメンタリー映画「馬三家(マサンジャ)からの手紙」が、20日から大阪市西区のシネ・ヌーヴォ(06・6582・1416)で公開される。

 2012年秋、米オレゴン州に住む女性ジュリー・キースさんは、スーパーで購入した中国製のハロウィーンの飾りの箱からSOSの手紙を発見する。そこには、中国の馬三家労働教養所の拷問、洗脳の実態が詳細に記されていた――。

 一人の男性が命がけで書いた手紙はジュリーさんの働きかけがきっかけで、世界の主要なメディアが報じ、国際的な関心が高まっていく。

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです