メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市立病院跡地に新病院 川西市、晴風園提案受け検討へ /兵庫

 川西市は18日の市議会特別委員会で、移転予定の市立川西病院の跡地(同市東畦野5)に、医療法人「晴風園」(猪名川町)が新病院建設を提案していると明らかにした。市は跡地に公設民営の診療所などを整備する方針だったが、晴風園の提案を評価し、利用計画を再検討する。今後、周辺住民らの意見を聞くとともに、晴風園などとの間で病院計画の内容を詰め、年内に誘致の可否を決定する。

 市によると、晴風園の提案は入院病床160床の病院を建設し、病床は主に回復期の患者向けとして運用。外来診療も行い、診療科は内科などを検討するとしている。晴風園は猪名川町や伊丹市で病院や介護老人保健施設などを運営。市には2019年12月に跡地進出の打診があり、20年1月に提案があった。猪名川町にある「今井病院」を移転させる形で進出するという。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 昨季王者・中大が東洋大に勝利 東都大学野球秋季リーグ開幕

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. オーストラリア・モリソン首相 11月にも訪日 中国けん制と地元紙報道

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです