メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県高校総合文化祭 演劇など8部門順延 8月~来年3月に /和歌山

[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、県高校文化連盟は、県高校総合文化祭の演劇や文芸、軽音楽など8部門の大会日程を8月~来年3月に後ろ倒しにすると発表した。本来7~12月に開催予定だった。

 同連盟によると、全23部門のほとんどが2021年に県で開催される「第45回全国高校総合文化祭(紀の国わかやま総文2021)」の予選を兼ねている。新型コロナによる休校が長引き、生徒が十分に練習できていないため、一部の部門で日程をずらしたという。

 将棋は生徒らが宿泊せずに済むよう会場を那智勝浦町から和歌山市内に移し、大会期間を前倒して短縮した。囲碁は日程が決まっていない。残りの部門は開催期間に変更はないという。【後藤奈緒】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです