メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

逃げなかった奴隷=小倉孝保

 <kin-gon>

 米国警官による黒人男性暴行死をきっかけに、欧米では奴隷制度に対する評価の見直しが盛んだ。実は日本にも、アフリカから奴隷とみられる人々がやって来たことがある。織田信長に仕えた黒人侍、弥助(やすけ)はその一人だ。

 信長が黒い肌をした外国侍を家臣としていたことは、宣教師ルイス・フロイスが16世紀末、書簡で記している。後に弥助と呼ばれる男性は1579(天正7)年、イエズス会の船で九州に入った。アフリカの東沿岸で売買された奴隷と考えられている。

 20代前半で整った顔立ち。明るく聡明(そうめい)、礼儀正しく壮健だった。武器の扱いに慣れ、イエズス会では宣教師の護衛をしていた。黒い肌が珍しかったのだろう。堺では彼を一目見ようと大勢が集まり、死者まで出ている。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです