メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

熱中症警戒アラートって何? 危険を事前に通知 都道府県単位で発令=回答・黒川晋史

暑さ指数の計測装置=環境省提供

 なるほドリ 熱中症(ねっちゅうしょう)に注意してもらうため、国が新たな警戒情報(けいかいじょうほう)を出すと聞いたよ。

 記者 最近は熱中症で病院に運ばれる人が増えており、2018年(5~9月)は過去最多の9万5137人に上りました。気象庁と環境省はこれを減らそうと、熱中症による重症者や死者が多くなると予想される場合に危険を事前に知らせる「熱中症警戒アラート」を出すことにしました。原則として前日午後5時と当日午前5時、都道府県単位で発令します。20年は7~10月に関東甲信(かんとうこうしん)の1都8県で試行します。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. ORICON NEWS 『BLEACH』作者・久保帯人氏の初公式ファンクラブがオープン イラストや作画資料など公開

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです