連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

熱中症警戒アラートって何? 危険を事前に通知 都道府県単位で発令=回答・黒川晋史

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
暑さ指数の計測装置=環境省提供
暑さ指数の計測装置=環境省提供

 なるほドリ 熱中症(ねっちゅうしょう)に注意してもらうため、国が新たな警戒情報(けいかいじょうほう)を出すと聞いたよ。

 記者 最近は熱中症で病院に運ばれる人が増えており、2018年(5~9月)は過去最多の9万5137人に上りました。気象庁と環境省はこれを減らそうと、熱中症による重症者や死者が多くなると予想される場合に危険を事前に知らせる「熱中症警戒アラート」を出すことにしました。原則として前日午後5時と当日午前5時、都道府県単位で発令します。20年は7~10月に関東甲信(かんとうこうしん)の1都8県で試行します。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文673文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集