メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

東京都知事選と国政

 

 東京都知事選が18日に告示された。7月5日の投開票まで、選挙戦では新型コロナウイルス感染防止への対応などが問われる。人口と財源が集中する首都のリーダーを選ぶ選挙は、一地方選にとどまらず国政に影響を与えてきた歴史がある。非常時の指導者に求められる資質とは。そして、都知事選と国政の関係について識者に聞いた。

 戦後歴代9人の都知事を見ると、高級官僚が知事になったのは、元厚生次官で初代の安井誠一郎と元自治次官の鈴木俊一ぐらいだ。その他多くは「タレント」が当選してきた。先駆けは1967年に当選した美濃部亮吉だろう。マルクス経済学者の美濃部は、テレビ出演を通じてお茶の間にも親しまれた。革新系の知事として国政を意識し、反権力的な姿勢が世間に受けて、全国で報道されるようになった。主に関東で報道されていた都政が、美濃部知事の誕生により全国レベル化したといえる。

 美濃部の後、79年に就任した鈴木は、「財政のプロ」として革新都政で危機となった財政を立て直し、手腕を発揮する。タレントとは対照的に地味だったが、最終盤は箱物行政の推進や世界都市博覧会などで全国発信に注力した。東京と国政は切っても切れない関係にあり、全国化する宿命にある。

この記事は有料記事です。

残り3997文字(全文4510文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. なぜ検察は現金受け取り側を立件しないのか 河井夫妻起訴を可能にした「取引」と執念

  5. 「金まみれの選挙」に混乱続く広島県政界 辞めない受領側議員の言い訳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです