メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

立憲・国民「共通政策」 連合仲介 コロナ収束後にらみ

 立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎代表は18日、両党を支援する連合の会合にそろって出席し、新型コロナウイルス収束後の社会をにらんだ共通政策の策定を目指すことで一致した。連合を含めた3者で議論を進め、今秋をめどにとりまとめる考えだ。連合の仲介により、両党は次期衆院選に向けた連携強化を図る。

 枝野氏は会合後、「ポストコロナ」の政策について「党内外で議論を急いで進めていく。次期衆院選を見据えながらやっていきたい」と記者団に語った。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです