メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 政府、台湾も検討 渡航制限緩和 4カ国と協議

 政府は18日の新型コロナウイルスの政府対策本部で、入国制限措置についてベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国との間で人の往来を可能とする協議を進める方針を決めた。また、台湾との間でも制限緩和に向けた協議を進める。

 安倍晋三首相は対策本部で「経済を回復軌道に乗せていく上で、国際的な人の往来を部分的・段階的に再開していくことも必要だ」と指摘。「感染状況が落ち着いている」ベトナムなど4カ国との交渉を進める方針を決定した。その後の記者会見では、「ビジネス上の必要な往来から段階的に再開する」と表明した。ただ、豪州やニュージーラ…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです