特集

自民党

自民党に関するページです。

特集一覧

自民、党員1万5000人減で獲得引き締め 1000人未達成は比例重複立候補認めず

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影
自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 自民党が党員獲得について、引き締めを図っている。ノルマとしている年間1000人を獲得できない衆院議員は、次期衆院選で比例代表との重複立候補を認めない方針だ。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、都道府県境をまたぐ移動の自粛は19日に全面解除されたばかり。地元に戻れない時期が続いた議員からは「厳しすぎる」との声も漏れる。

 安倍晋三首相は5日、下村博文選対委員長と首相官邸で会談し、党員獲得について「1000人に届いていなければ、まわりも協力して早めに達成するよう指導してほしい」と伝えた。未達成の場合は比例重複立候補を禁止する方針も容認した。

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1490文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集