メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・高鳥修一氏らが新たな保守グループ発足へ 夫婦別姓巡り稲田氏と距離か

自民党の高鳥修一衆院議員

 自民党の高鳥修一筆頭副幹事長らが、新たな保守系グループ「保守団結の会」を25日発足させる。高鳥氏は長らく稲田朋美幹事長代行と行動を共にしてきたが、稲田氏が女性活躍に活動の力点を移し、選択的夫婦別姓にも理解を示したことを踏まえ、距離を置く思惑があるとみられる。

 団結の会には約20人が参加。皇室の尊崇と皇統の護持▽靖国神社参拝▽憲法の自主的改正――などをテーマ…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文452文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  2. 「私が背中向けた段階で言わないで」安倍前首相、「桜」質問にいら立ち

  3. 岡山県議が政活費でアップルウオッチ購入 「政務に非常に便利」必要性強調

  4. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  5. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです