メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビジネスサロン

「脱炭素の流れは変わらない」 東電再エネ会社・文挟誠一社長

インタビューに答える東京電力リニューアブルパワーの文挟誠一社長=東京都内で6月5日、高橋祐貴撮影

 「(新型コロナウイルスの感染拡大で)再生可能エネルギー開発が停滞するとの声もあるが、『脱炭素』の流れは変わらない」。東京電力リニューアブルパワーの文挟(ふばさみ)誠一社長(59)は力を込める。東電ホールディングス(HD)の再生可能エネルギー発電事業を受け継ぎ、4月から専業会社として始動した。

 成長の柱に据えるのは水力と洋上風力発電。国内の計…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

高橋祐貴

1989年、神戸市生まれ。慶應大文学部卒。2014年、毎日新聞に入社。和歌山 支局、岡山支局を経て19年5月から東京本社経済部。メガバンクなどの民間銀行に 加え、フィンテックや仮想通貨など金融業界の最先端を取材している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです