特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

河井夫妻そろって広島市議に10万円持参 案里議員の共謀関係捜査 東京地検

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
河井克行容疑者の事務所が入居するビルの中を移動する、検察関係者とみられる人物=広島市安佐南区で2020年6月19日午前9時1分、平川義之撮影
河井克行容疑者の事務所が入居するビルの中を移動する、検察関係者とみられる人物=広島市安佐南区で2020年6月19日午前9時1分、平川義之撮影

 参院議員の河井案里容疑者(46)=広島選挙区=が初当選した2019年参院選を巡る選挙違反事件で、公職選挙法違反(買収)の疑いで逮捕された夫で前法相の克行容疑者(57)=衆院広島3区=と案里議員(いずれも自民党を離党)がそろって広島市議の選挙事務所を訪れ、10万円を渡そうとしていたことが判明した。克行議員が買収資金の大半を1人で提供したとされるが、東京地検特捜部は案里議員もこうした状況を認識していた疑いがあるとみており、共謀関係はさらに広がる可能性がある。

 逮捕容疑となった買収総額は約2570万円で、うち約2400万円を地元議員らに提供した容疑で克行議員が逮捕された。残る170万円については、夫妻が共謀したとして案里議員も逮捕された。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文950文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集