「優しいデザインで暮らしやすく」認知症向けデザイン 福岡市が冊子まとめる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真やイラストで分かりやすくまとめられた福岡市の手引き=加藤小夜撮影
写真やイラストで分かりやすくまとめられた福岡市の手引き=加藤小夜撮影

 福岡市は認知症の人がストレスを抱えずに安心して暮らせる環境を整えるための手引きを作った。トイレなどのサインを絵文字で分かりやすく表示したり、認識を促したいものには壁と床、扉、手すりとの明るさのコントラストを強くしたりするなど30のポイントを写真やイラストをつけて冊子にまとめた。

 有識者でつくる委員会が約2年かけて策定した。認知症の30人を対象に実施した調査では、扉と壁の色のコントラストが弱く、小さなサインしかない写真は13%しかトイレであると回答できなかっ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集