メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

那覇空港に旅行者の健康確認施設 コロナ拡大防止へ水際対策

新型コロナウイルスの感染拡大防止への協力を旅行者に呼びかけるミス沖縄ら=那覇市の那覇空港で2020年6月19日午前10時20分、竹内望撮影

 沖縄県は19日、県内での新型コロナウイルスの感染拡大を水際で防ごうと、看護師らを常駐させて旅行者の健康状態の情報収集にあたる「旅行者専用相談センター沖縄」を那覇空港(那覇市)に設置した。県は同日、これまで呼びかけていた首都圏などからの渡航自粛要請を解除。水際対策を徹底したうえで、観光客の受け入れを始めた。

 センターでは、空港到着口に設置したサーモグラフィーで発熱が確認された旅行者について、任意で体温を測定するなど健康状態を確認する。感染の疑いがある場合は、本人の同意を得た上でPCR検査を受けてもらう。旅行中や旅行後に体調の悪化などがあった際は、センターに連絡を求め、観光関連業者とも情報を共有して対応する。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見 官邸職員が記者の腕つかむ 朝日新聞社が抗議

  2. ABCテレビ、報道番組「キャスト」スタッフが新型コロナ陽性 感染の女性アナと仕事

  3. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  4. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

  5. ORICON NEWS 元アイドリング!!!の伊藤祐奈さん、巨人・北村拓己選手との結婚発表 第1子出産も報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです